虫歯治療の流れ

患者さんのお気持ちを一番に考えた
診査診断と科学的根拠に基づく治療

より正確に より分かり易く
そしてより丁寧な虫歯治療

01

虫歯の正確な現状把握

問診票をもとに直接お話しを伺いながら問診を進めます。デジタルレントゲンでは見えない歯と骨の状態を、お口の写真(口腔内規格写真)ではお口の中を記録します。この初診時の問診と検査はとても大切で、治療を開始してしまった後では、最初の状態を正確に知る術はありません。

そして患者さんの感覚も大切な要素です。例えば痛みの有無、または冷たいもの・温かいものが浸みるかどうか、虫歯の不快感は患者さんが最もご存じですからデータだけでなく患者さんの感覚も大切な情報です。そのうえで虫歯の状態を正しく知り、治療のご希望(金属の歯で治療する、白いセラミックにしたいなど)を丁寧に伺って、歯科医師が治療方針をお伝えします。

02

痛みに配慮した虫歯治療

虫歯の状態を正確に把握して痛みがともなうと予測される治療の場合、歯髄(歯の神経)に歯ぐきから麻酔を行いできるだけ痛みを 感じないように配慮した虫歯治療を致します。歯髄は人間の体の中で最も痛みを感じやすい神経と言われています。

だからこそ、十分に時間をかけた丁寧に麻酔を心がけています。治療する前からズキズキと大きな痛みがある場合は、例外的に麻酔が効きにくいこともありますが、その場合もできる限りの配慮をして痛みに配慮した虫歯治療をおこないます。

03

虫歯の除去

痛みを感じない環境が整ったことを確認してから、健康な歯を余分に削り取らないように丁寧に虫歯を取り除きます。最初の検査で正確な現状把握ができているからこそ、短時間で正確に虫歯を除去することができます。丁寧な治療というのは、ただ時間かければ良い訳ではありません。時には大胆に虫歯だけを削り、時には虫歯のみを染める液を使い僅かな虫歯のみを削り取り治療します。

04

虫歯によって失った歯の治療

患者さんの希望と同意を頂いた治療方法で、治療した歯にとって何が一番長持ちさせられる治療法で歯を治療します。これは材質としてはプラスチック、金属を使う治療、またはセラミックを使う治療があり、形態としては一般に詰めもの(インレー)や被せもの(クラウン)と形や大きさによって幾つかの組み合わせと種類に分かれる補綴(ほてつ)と言う治療の最終仕上げです。

久我山・杉並歯科ホーム正しく知って欲しい虫歯の話

お問い合わせ/ご予約 03-5941-6717

平日夜7時まで診療
土曜・日曜・祝日の休日診療対応

24時間WEB予約

診療時間 日・祝
10:00〜13:00
14:30〜19:00

月〜土曜  10:00 〜 13:00 / 14:30 〜 19:00
日・祝   10:00 〜 13:00 / 14:00 〜 17:00
※日祝日は診療が早く終わる分、
平日の14:30からではなく14:00から診療です。

               

平日夜7時まで診療/土日祝日の診療対応

〒168-0082
東京都杉並区久我山3-1-29
ローヤルThree1階
一般歯科/小児歯科/審美歯科/矯正歯科/インプラント
※ホワイトニング、クリーニング、 定期検診ご希望の方は、お電話にてご予約お願いいたします。

03-5941-6717

24時間WEB予約

※ホワイトニング、クリーニング、 定期検診ご希望の方は、お電話にてご予約お願いいたします。

平日夜7時まで診療/土日祝日の診療対応

お電話でのご予約

24時間WEB予約